旬食予報

いわし
今月の旬食・いわし
COPYRIGHT (C) 2020 SHUNSHOKUYOHO
  • 今月の旬食

    いわし

    安くて美味しい食卓の味方の魚と言えば、いわし。いわしは骨が貝塚から複数発見されていることから、縄文時代にはすでに食べられていたと言われています。年中スーパーマーケットなどで見かけますが、旬は梅雨時。梅雨に入ると、全国に美味しいいわしが届けられています。日本ではマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの3種類が代表的な種類として親しまれていますが、この時期に旬を迎えるのはマイワシです。旬のマイワシはとろけるような舌触りで刺身にも向いています。3種の中では最も大きく成長する品種で、大物になると30cmを超えることも。いわしは回遊魚で、沖縄を除く日本全国に生息。代表的な産地としては茨城や三重、千葉などが挙げられます。とくに茨城県は生しらすが食べられる産地としても有名です。

  • 主要産地
  • いわしのおすすめポイント

    美味しいいわしの選び方

    鮮度が落ちやすいいわしで注目したいのは目の色です。鮮度のよいいわしの目は黒く澄んでおり、鮮度が落ちるほどに赤く変色していきます。次に見るべきはうろこ。いわしのうろこは剥げやすいので、うろこが残っていることが間接的に水揚げから間もない証。また、頭が小さく身がふっくらと張りのあるいわしのほうが脂ののりもよく美味しいと言われています。

  • いわしのおすすめポイント

    いわしの保存方法

    いわしは傷みやすい魚の代表格。そのため食べきれない分は、冷凍保存して鮮度をキープするのがおすすめです。冷凍保存する際には、まず下処理を。内臓や血が残っていると腐敗の原因になるため、血合いまでしっかりと取り除きましょう。下処理後はラップや密閉可能なフリーザーバッグなどに入れて保存をすると約2週間美味しくいただけます。

  • いわしのおすすめポイント

    いわしの栄養価と効果

    いわしの特徴は、DHAとEPAをバランスよく含んでいることです。DHAやEPAには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあるほか、脳や神経組織の発達にもよい影響を及ぼすことが知られています。また、カルシウムも豊富です。カルシウムの吸収率をアップさせるビタミンDも含んでいるため、カルシウムを効率よく摂取できます。

  • 出荷カレンダー

    出荷カレンダー

    マイワシの水揚げはここ数年安定しており、今年も安定した水温が続いていることから、手ごろな値段で美味し いマイワシが期待できそうです。7月初旬の現在、多く獲れているのは宮城(石巻~気仙沼)から岩手沖(大船渡)で、次いで銚子沖となっています。まさに今が食べ頃と言える鮮度の高いマイワシは、刺身で楽しむのがオススメです。

  • ウェザーニュース長期予報

    ウェザーニュース長期予報

    4月は平年よりも気温が下がり、海水温も低下しました。5月から6月は気温が高めで推移したため、海水温も平年並で経過しました。7月の前半は曇りや雨の日が多くなり、強雨・大雨に注意が必要です。梅雨が明けてからは、晴れる日が多く暑くなります。9月に入って天気は周期変化しますが、お彼岸くらいまでは残暑が続きそうです。7月以降は気温、海水温ともに平年より高めの予想となっています。

  • 特産地の気温(平年比)「茨城・三重・千葉」

    特産地の日照時間(平年比)「熊本・北海道・愛知」

    特産地の気温は、4月だけ平年より低くなりましたが、それ以外の月は、どのエリアも平年以上の気温となりました。マイワシのふ化は、冬~春、日本南岸で行われます。今年は暖冬だったため、順調な成長となったようです。その後、黒潮によって東に移動しマイワシにとって好適な水温10~25℃の海域を回遊します。そのため、千葉県や茨城県沖での漁獲量が多くなります。

  • 日本近海の海水温(6月下旬)

    特産地の降水量(平年比)「熊本・北海道・愛知」

    マイワシは10~25℃の水温域を好みます。千葉~茨城県沖は、黒潮(暖流)と親潮(寒流)がぶつかるところなので、餌となるプランクトンが豊富です。「快適な水温」と「海流による高餌密度」から、茨城県沖・千葉県沖は、マイワシにとって最適な漁場としての条件を満たしていると言えます。

いわし
いわし
いわし
いわし

その他の旬食素材

  • かぼちゃ
  • とうもろこし
  • ぱぷりか
  • もも
  • ゆず
  • たちおう