旬食予報

ぶどう
今月の旬食・ぶどう
COPYRIGHT (C) 2018 SHUNSHOKUYOHO
  • 今月の旬食

    ぶどう

    日本で作られる美しい房のぶどう

    品種が1 万種以上あるといわれ、世界中で最も愛されている果実のひとつである「ぶどう」。
    日本においても、北海道から九州まで様々な品種が生産され、手間暇かけた芸術品のような美しい房づくりが大きな特徴です。
    日本では現在、ほとんどが生食用として栽培されていますが、ワインなどの加工品用の需要が急速に高まっています。
    最も生産量が高いのは山梨県で、全国の約23.7% を占め、第2位は長野県、第3位は山形県。また、一世帯当たりのぶどうへの年間支出金額も、山梨県が日本一となっています。

  • 主要産地
  • おすすめポイント

    美味しいぶどうの見分け方

    果枝が緑色で太く、粒が揃っているものを選びましょう。また、新鮮なものは果皮の表面が果粉(ブルーム)と呼ばれる半透明の粉で覆われています。ぶどうの甘さは上から下へ進むので、「肩」辺りの粒が最も甘くなります。試食するときは一番下の粒で!

  • おすすめポイント

    ぶどうは身体にやさしい

    ぶどうの甘みは、ブドウ糖と果糖によるもので、食後速やかに分解・吸収されますので、身体を動かす前や、勉強や仕事で頭を働かせる前に、良質のエネルギー源としておすすめです。また、ぶどうには利尿効果があるほか、腎疾患にも効能があるといわれています。

  • おすすめポイント

    ぶどうと相性の良い食べ物

    ワインだけでなく、生食用ぶどうもチーズとの相性は抜群。例えば、フレッシュなクリームチーズと合わせるだけで、爽やかなデザートやお酒のつまみとして楽しめます。また、ぶどうは鳥肉にも意外と良く合いますので、野菜やチキンと和えてサラダでどうぞ!

  • 出荷カレンダー

    出荷カレンダー

    本年のぶどうは、春から気温が高い日が続いたことで、例年と比べて早いペースでの生育・出荷となっております。これまで7~8月の出荷についても前年を上回る豊作傾向で推移しており、ピークとなる9月についても同様に順調な出荷となることが見込まれています。食味については、今年は日照が多く、降水量が少ない傾向で推移していることもあり、例年以上のレベルとなっており、各産地自信をもっておすすめできる品質となっています。

  • ウェザーニュース長期予報

    ウェザーニュース長期予報

    今年の夏は、7月に西日本で大雨が降りましたが、気温は全国的に高くなりました。猛暑は、8月も継続し日本海側では渇水のところも出ました。9月は、平年と同様に晴れる日が多くなります。気温は高めですが、残暑はほどほどに、季節は順調に秋に移り変わります。10月は、秋特有の秋晴れと秋雨が数日周期で変わる天気となりそうです。今年は台風の発生数が多いので、引き続き警戒が必要でしょう。

  • 特産地の平均気温

    特産地の平均気温

    平均気温は、ほとんどの特産地で平年よりも気温が高く、7月8月ともに2、3℃高い状況となりました。特に7月は顕著で、梅雨明けが早かった影響により、ぶどうもスクスク成長しました。9月10月も気温は高めに推移しますが、猛暑と言われる日は少なくなってきます。一雨ごとに過ごしやすい空気に入れ替わり、秋らしい気温となります。

  • 特産地の日照時間

    特産地の日照時間

    日照時間も、平年より長く特に7月はよく晴れました。全ての特産地で、平年の150%程度の日照時間となっています。逆に晴れた日が多かったので、降水量は平年の85%程度になっています。9月も引き続き、秋晴れの日が多くなりそうです。10月に入ると、より秋らしく「晴れ」と「雨」が交互に繰り返す周期変化となります。

ぶどう
ぶどう
ぶどう
ぶどう

その他の旬食素材

  • さつまいも
  • なす
  • 落花生
  • とうもろこし
  • パプリカ
  • ししとう
スペシャルレシピ
スペシャルレシピ

フジッコ カスピ海ヨーグルトを使った
レストラン ラ フィネス (Restaurant La FinS)
杉本敬三シェフのスペシャルレシピ

レシピメニュー

家森幸男博士が長寿地域として知られるジョージア(旧グルジア)より持ち帰った乳酸菌「クレモリス菌FC 株」を使った「カスピ海ヨーグルト」。

旬の「ぶどう」との相性抜群なレシピを、高い美意識による新時代の料理を探求する若き才能、杉本敬三シェフに考案いただきました。