旬食予報

ゴーヤ
今月の旬食・ゴーヤ
COPYRIGHT (C) 2019 SHUNSHOKUYOHO
  • 今月の旬食

    ゴーヤ

    ゴーヤはインドを中心とする東南アジアが原産国。中国に渡り、日本に渡来したのは15世紀頃です。その後、現在の沖縄である琉球王国に渡り、愛されるようになりました。「ゴーヤ(ゴーヤー)」とは沖縄の方言で、和名は、ツルレイシ。ニガウリなどとも呼ばれています。ゴツゴツしたイボと果肉が苦いことで有名で、好き嫌いが分かれる野菜ですが、下処理をして調理することで「ゴーヤチャンプルー」や「ゴーヤチップス」などにして美味しく食べられます。1年生のつる性植物で、つるを巻きながら生育するので、グリーンカーテンとして活用する人も多いです。

  • ゴーヤの主要産地
  • ゴーヤの栄養素と効能

    ゴーヤの栄養素と効能

    ゴーヤならではの栄養成分が20種類以上ものアミノ酸から成る「モモルデシン」。これが苦みの原因でもありますが、食欲増進や夏バテ改善の効果が期待できます。また、トマトの約5倍のビタミンCやセロリの約2倍の鉄分、白菜の約2倍の食物繊維が含まれています。

  • 新鮮なゴーヤの見分け方

    新鮮なゴーヤの見分け方

    新鮮なゴーヤは全体的に青々とした緑色でツヤがあります。形は大きすぎず、ふっくらとして、持った時にずしりと重みを感じるものがおすすめ。尻側の方は細くとがっているものを選んでください。イボが密で小さいものは苦味が強く、逆にイボが大きいものは苦味が弱いとされています。

  • ゴーヤの保存方法

    ゴーヤの保存方法

    ゴーヤの表面をふき取り、ラップで包んで冷蔵保存しましょう。ワタと種は取り除いておくと、ビタミンCを維持したままの状態が保てます。保存期間は常温で1〜2日。冷蔵保存は約1週間が美味しく食べられる目安。また、ワタと種を取ってからスライスし、10秒ほど湯にくぐらせて冷凍保存もおすすめです。

  • きゅうり・ゴーヤの出荷

    出荷カレンダー

    7月は梅雨と冷え込みから比較的少ない出荷となりましたが、7月末の梅雨明けから8月かけては本格的な増量となるでしょう。不作であった昨年より多く、平年並みの出荷量を見込んでいます。両品目とも、味は天候によってあまり差は出ませんが、天候の回復に伴い、緑がより一層強くなり、まさに夏を感じさせる食材となるでしょう。

  • ウェザーニュース長期予報

    ウェザーニュース長期予報

    ゴーヤの旬である8月から先の天候をみていきます。ゴーヤの生育には、日照と暑さが重要です。今年は梅雨明けが遅く、雨量も多かったので7月までは日照が不足していました。しかし、梅雨明け後は夏らしい晴れが続き、日照、気温ともに平年以上という予報がでています。なので、これから出荷されてくるものに期待が高まります。

  • ゴーヤ 特産地の日照時間

    特産地の日照時間

    今年の梅雨は平年よりも雨が多くなりました。沖縄県では6月の降水量が平年より170%、7月にいたっては、290%の雨量となりました。宮崎県と鹿児島県でも7月の雨量が270%を超えています。そのため、日照が顕著に少なくなっているのがグラフからわかります。平年の半分程度しか日照がなく、7月前半はゴーヤの成長に影響があったと考えられます。

  • ゴーヤ 特産地の気温

    特産地の気温

    沖縄県では、6、7月は日照不足だったのですが、気温はそれほど低くなく、ほぼ平年通りとなっています。しかし、宮崎県と鹿児島県では、日照の少なかった7月の気温は、平年よりぐっと低くなっています。今年の梅雨は各地とも長雨に見舞われ、暑さを必要とするゴーヤにとっては非常に厳しい生育条件になりました。
    しかし、7月後半~本格的な夏となり、出荷量の増加が見込まれています。

  • きゅうり 特産地の日照時間

    特産地の日照時間

    きゅうりの主な生産地である、群馬県、埼玉県の出荷量のピークとなる5、6月は、平年に比べて日照が平年並か多くなりました。梅雨入り後は、雨が長く続き、東京では31日連続の雨が記録されるなど、関東では記録的な日照不足となりました。東北の産地である福島県も7月前半の日照は50%しかありませんでした。しかし、7月後半は晴れる日が多く8月は福島県の出荷量の増加が見込まれます。

  • きゅうり 特産地の気温

    特産地の気温

    梅雨の長雨の影響で、関東は梅雨寒でした。7月は東京で8日連続、最高気温が25℃以下となり、過去50年で最長の記録となりました。しかし、主な生産地の群馬県、埼玉県の出荷は4~6月のため、気温の大きな影響はありませんでした。これからが出荷時期となる福島県においては、低温は限定的で、7月後半から出荷ピークとなる8月までは、晴れてきゅうりの生育によい夏空が期待できるでしょう。

ゴーヤ
ゴーヤ
ゴーヤ
ゴーヤ

その他の旬食素材

  • あわび
  • いわし
  • なし
  • すだち
  • さといも
  • とうがらし