旬食予報

たい
今月の旬食・たい
COPYRIGHT (C) 2024 SHUNSHOKUYOHO
  • 今月の旬食

    たい

    亜熱帯域をのぞく日本列島全域に生息するタイ。タイの中でも姿・色・味と三拍子そろったマダイは、お正月やお祝い事、お食い初めの時にも提供される、古くからお祝いの席に欠かせない高級魚として日本人に親しまれてきました。マダイの産卵期は海域によって差があり2月頃から6月頃。旬の時期は産卵期直前の桜の季節と言われ、この頃のタイを「桜鯛」と呼び珍重します。産卵後しばらくは脂が落ちてしまいますが、秋ごろにはまた美味しい状態に戻ります。日本各地で漁れる天然のマダイの中でも兵庫県明石の「明石鯛」、徳島県の「鳴門鯛」、神奈川県の「佐島鯛」などが有名です。天然か養殖によって値段が大きく異なりますが、天然で丁寧に取り扱われた活けじめのものは非常に高値で取引されます。

  • 主要産地
  • 美味しいたいの選び方

    美味しいたいの選び方

    表体の色が鮮やかな赤で、コバルトブルーの斑紋がはっきりしているものを選びましょう。目が青く澄み、エラが鮮紅色であるもの、触って身がしっかりしていることも重要です。切り身は血合いの赤が鮮やかで白身に透明感のあるものが新鮮です。「腐っても鯛」といわれるように味が落ちにくい魚ですが、やはり鮮度が高いもののほうが美味です。

  • たいの美味しい食べ方

    たいの美味しい食べ方

    刺身、塩焼き、煮付け、鯛飯などさまざまな調理方法で美味しく食べられるのがタイの魅力。大型のものはシンプルに刺身に、中~小型のものは皮を生かして皮霜造りにするのがおすすめ。塩焼きは、身がしっとりしていて甘みがあり、皮や骨の間の身も絶品。タイの骨で出汁を取り、酒と塩で味つけして、身を煮ながら食べるちり鍋は、出汁も身も格別です。

  • たいの栄養価と効果

    たいの栄養素と効果

    タイはたんぱく質の構成物質であるアミノ酸のうち、旨みの強いイノシン酸を豊富に含んでいます。タンパク質が多く、低脂肪・低カロリーのタイはご年配の方や離乳食にも重宝する万能食材。エネルギー代謝を活発にするクレアチンも豊富で、筋肉の持久力向上や疲労回復に効果があるといわれており、激しい運動をする人や筋肉をつけたい人にもおすすめです。

  • 今年のたいの出荷情報

    今年のたいの出荷情報

    産卵期直前のマダイが「桜鯛」「花見鯛」と言われるように、通年では、早春が最もたいが美味しいとされていますが、今年度はあらゆる地域で平均気温が最高記録レベルで推移しているため、たいの旬も例年よりも早いことが予測されています。飲食店やスーパーマーケットでも、2月の中頃からチェックしておくことをお勧めします。

  • ウェザーニュース長期予報

    ウェザーニュース長期予報

    2023年は春から秋にかけて気温の高い状態が続きました。日本近海も記録的な高温となりました。名産地近海では引き続き、平年より高い海水温が続く見込みです。日本海の一部では鯛の適水温15℃~25℃をやや下回る海域もありますが、名産地近海は広範囲で適水温が維持される予想です。

  • 「長崎県・福岡県・兵庫県」特産地の気温(平年差)

    「長崎県・福岡県・兵庫県」特産地の気温(平年差)

    2023年は記録的な猛暑でしたが、10月に入ると猛暑のピークを越え平年並み~やや高い気温が続きました。東シナ海では、寒気が弱かったことや平年より風が弱かったこと、加えて日射量が多かった影響で、1月は平年よりかなり高い気温となりました。

  • 「長崎県・福岡県・兵庫県」特産地近海の海水温情報

    「長崎県・福岡県・兵庫県」特産地近海の海水温情報

    日本海南部や東シナ海南部の各海域の海面水温は、解析値のある1982年以降で、12月として最も高くなりました。その後、平年よりかなり高い海域は縮小したものの、名産地近海では平年より海水温が高い状態は続いています。兵庫県沖など一部の海域で鯛の適水温より低い所もありますが、福岡・長崎の周辺は広範囲で適水温となっています。

たい
たい
たい
たい

その他の旬食素材

  • みずな
  • はくさい
  • ゆず
  • ぶり
  • あまえび
  • ほたて

旬食予報アーカイブ